No.54 レクサス GS フォグランプ ステー溶接修理

ECOWEL佐藤

今回はレクサス GS フォグランプ ステー溶接修理をご紹介します!

小さなステーが割れてしまったレクサス GS フォグランプ
丸イ(妻)

今回はすごく小さいパーツだね!!

ご依頼内容

  • 車種  :レクサス GS
  • 破損箇所:フォグランプステー
  • 破損状態:ステー折れ
  • 素材  :PP

修理のポイントは?

溶接後の様子 それぞれの溶接部位が数mmしかない

写真でもわかる通り、なんと言っても今回はパーツが小さい!溶接部位は数mmしかありません。

そして、溝・ネジ穴とカーブがあるという溶接も整形も "より慎重さを求められる" 修理でした。

ECOWEL佐藤

これだけ細かいので、溶接も整形も『やりすぎ』ると失敗してしまうのがわかると思います

樹脂溶接後の様子 表面
溶接後の様子 表面

溶接箇所が小さく、また穴の位置や径を再現するため周囲へ熱の影響を与えないようにすることの求められました。

丁寧に作業して精度良く仕上げました。

樹脂溶接後の様子 裏面
溶接後 裏面
ECOWEL佐藤

裏面は平らではありますが、リブに近いなど周囲への熱の影響に注意が必要です

海外仕様は入手が困難

溶接修理後のフォグランプステー
ECOWEL佐藤

このパーツも海外から取り寄せる必要のある貴重な製品だそうです

愛知県よりご依頼いただきました。
レクサスのパーツでも海外仕様となると入手が困難・高額になるそうで、ご依頼いただきました。

エコウェルではパーツのお持ち込みだけでなく、全国より郵送での修理依頼も受け付けております。
お気軽にご相談ください。

大切なお車のヘッドライトをお任せいただきありがとうございました!

まずはお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。