バイク・二輪車
YZ426F 燃料タンク(コック部)の亀裂を溶接修理しました

YZ426Fとはどんなバイク? YZ400FのマイナーチェンジモデルとしてヤマハからデビューしたYZ426F。競技専用車のため公道走行不可という条件があるものの、ファンの間では根強い人気を誇っています。 YZ426Fにつ […]

続きを読む
バイク・二輪車
Kawasaki KX250 (79年) 燃料タンクの亀裂溶接修理

愛機との長い付き合いの中で、時には予期せぬトラブルに見舞われることもあります。 特にバイクの燃料タンクは、日常の振動や外部からの衝撃により、亀裂が生じることがあります。今回は、KawasakiのKX250に使用されている […]

続きを読む
燃料タンク
ジェッタ(フォルクスワーゲン)燃料タンク溶接修理

フォルクスワーゲン ジェッタは、ゴルフをベース車両とした4ドアセダン。 ジェッタの燃料タンクはどんな形?どこから漏れるの? 燃料タンクはまるで筋肉質な腕!特徴的な形状をしていますね。今回漏れが発生したのは赤い丸で囲った部 […]

続きを読む
未分類
ホンダ XR250R 樹脂製燃料タンク亀裂 溶接修理

XR250Rの燃料タンクをお預かりしました。 XR250R 燃料タンクお預かりまでの経緯 実はこのバイク、一度ご相談をいただいていたのですが修理を見送るとご連絡をいただいていました。 お客様自身で溶接修理を試みたそうなの […]

続きを読む
未分類
No.78 GT-R (BCNR33) 燃料タンク 溶接修理

スカイラインGT-R(BCNR33)の樹脂製燃料タンク 入手困難な燃料タンク BCNR33は1995年1月から1998年12月の間に販売された4代目スカイラインGT-R (Wikipediaより) オークションサイトを確 […]

続きを読む
未分類
No.77 ボルボ 940GL エステート 燃料タンク 溶接修理

ボルボ940GL エステートとは "四角いボルボ"と聞けば、この車を思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか。 今なお根強い人気を誇るボルボ940はセダンタイプとエステートと呼ばれる、ステーションワゴンタイプがあり19 […]

続きを読む
未分類
No.74 日産ラシーン RASHEEN 燃料タンク 溶接修理

ゆるキャン人気前から?専門店もあるほどの人気車種ラシーンとは ラシーンはアニメの影響だけでなく、近年のキャンプやアウトドアブーム、アースカラーでの塗装ブームなどもあり専門店もあるほどの人気車種!コンパクトクロスオーバーS […]

続きを読む
未分類
No.73 ポルシェ ボクスター Porsche Boxster (タイプ 987) 樹脂製燃料タンク修理

ポルシェ ボクスター 987 といえば、魅力的な楕円形のヘッドライト! 届いた燃料タンクを開封してみると、なんとも歪(いびつ)な形をしていました。 破損状況 ポルシェ987ボクスター 燃料タンクの全体像 冒頭でも触れたよ […]

続きを読む
未分類
No.70 日産 S14 シルビア 燃料タンク溶接修理

樹脂製のシルビアS14の燃料タンク 設計の自由度が高く、軽量化にもなることから90年代から徐々に増え始めた樹脂製燃料タンクですが、経年劣化により亀裂が発生し燃料漏れが多発しているようです。 新品はすでに廃盤となっている […]

続きを読む
未分類
No.68 日産 GT-R(BNR32) 樹脂製燃料タンク修理

GT-R(BNR32)の樹脂製燃料タンクは入手困難? 新品はすでに廃盤となっている 90年代のスポーツカーは軽量化のため燃料タンクに樹脂が採用され始めましたが、燃料漏れなどの経年劣化についての相談が多数寄せられています。 […]

続きを読む
未分類
No.67 ホンダ XR70R バイク用燃料タンク修理

ホンダ XR70R バイク用の樹脂製の燃料タンクは入手困難? オークションサイトでは見つけられなかった お客様によると、部品は既に廃盤となっており中古部品も出回っていないとのこと。オークションサイトでも調べましたが、見つ […]

続きを読む
未分類
No.63 日産 スカイライン ER34 樹脂製燃料タンク割れ修理

樹脂製の燃料タンクを搭載しているのはどんな車? 丸イがよくお問い合わせをいただくのは、スカイラインGT-R(BNR32/BCNR33/BNR34)や スカイライン 、ラシーンなどです。他にもシルビアや180SX、ステージ […]

続きを読む
その他樹脂パーツ
【ご相談多数】BNR32 フューエルレベルセンサの亀裂・割れ を溶接修理しました

BNR32のフューエルレベルセンサとは 燃料タンク内のガソリン残量をメータに表示するための信号を作るセンサが”フューエルレベルセンサ”です。フロートが上下するため樹脂や金属パーツの稼働部の他、配線やホースの差し込み口など […]

続きを読む
撮影および梱包方法について

撮影方法について ヘッドライト等、ステー部の撮影 まずは全体を撮影 まずは全体写真を撮影してください。車種や型式、左右どちらのヘッドライトか、などの情報もいただけると見積もり作成がスムーズです。 破損部分をさまざまな角度 […]

続きを読む
プラスチック修理の"丸イ"

自動車プラスチックパーツの修理は丸イへ 年間修理250件以上の確かな技術でお客様のニーズにお応えします プラスチックパーツの破損でこのようなお困りごとはありませんか? そんなときにはお気軽に丸イへご相談ください。 お問い […]

続きを読む