【ご相談多数】BNR32 フューエルレベルセンサの亀裂・割れ を溶接修理しました

BNR32のフューエルレベルセンサとは

燃料タンク内のガソリン残量をメータに表示するための信号を作るセンサが”フューエルレベルセンサ”です。
フロートが上下するため樹脂や金属パーツの稼働部の他、配線やホースの差し込み口などがあることがわかります。

ご相談が多いのは、このセンサ上部にあるホース差し込み口付近に発生する亀裂からの燃料漏れです。

白い樹脂部分に細かい亀裂が複数入っています。

側面、上面などに細かいヒビがあります。

この画像では、下側コネクタの右側と下側に亀裂があることがわかります。

裏面は配線が取り回されているため、溶接のトーチ本体や溶接トーチから出る熱風を近づけたくはありませんね。

出荷のチェックを受けたのは2004年でしょうか。

No.68 日産 GT-R(BNR32) 樹脂製燃料タンク修理

GT-R(BNR32)の樹脂製燃料タンクは入手困難? 新品はすでに廃盤となっている 90年代のスポーツカーは軽量化のため燃料タンクに樹脂が採用され始めましたが、燃料漏れなど…

溶接修理 前後の比較

ホース差し込み口の周辺

ホース差し込み口付近の様子です。

差し込み口方向から見るとこのようになっています

コネクタの周辺

裏面から見るとこのようになっています。
必要最小限かつ、形状もそのままに溶接しました。

ご依頼は車のプロじゃなくても大丈夫

丸イへご依頼いただく作業の1/3ほどは一般ユーザー様です。
また、ユーザー様のご紹介で入庫先の工場からご依頼いただくことも増えてきました。
他にも輸送中の思わぬ破損、輸送事故など運送・輸送業者様からもお問い合わせいただいております。

弊社は岐阜県岐阜市にありますが、全国から郵送にて修理を承っております。お気軽にお問い合わせください。

佐藤

写真を添えてご相談いただければ、私が破損状況を確認してお答えします!

プラスチック・樹脂パーツの修理は丸イへご相談ください!

丸イの公式LINEまたは、お問い合わせフォームよりご相談を承っております。
いずれもお写真だけでお見積りが可能ですので、お気軽にご相談ください!

破損箇所の撮影方法については こちら のページをご確認いただけますとスムーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です