No.59 トヨタ アルファード ヘッドライトステー溶接修理【移植】【ニコイチ】

ECOWEL佐藤

トヨタ 30系アルファードのヘッドライトステー移植・溶接修理をご紹介します!

トヨタ 30系アルファードの左ヘッドライト
丸イ(妻)

言わずと知れたトヨタの高級車アルファード。
今回の【移植】はどのような修理でしょうか?

移植について、他の修理ブログはこちら!

No.49 トヨタ ヴォクシー ヘッドライトステー修理 【移植】【ニコイチ】

ご依頼内容 車種  :トヨタ ヴォクシー 破損箇所:左ヘッドライトステー 破損状態:ステー欠損、別途ジャンク品の持ち込み 素材  :PP 修理のポイントは? 丸印の箇所…

ご依頼内容

  • 車種  :トヨタ 30系アルファード
  • 破損箇所:左 ヘッドライト
  • 破損状態:ヘッドライトステー欠損による移植
  • 素材  :PP

折れて欠損してしまったアルファードのヘッドライトステー

折れているだけでなく
写真の右側が欠損(紛失)していることがわかる
折れているだけでなく
写真の右側が欠損(紛失)していることがわかる

ステー折れだけでなく、衝撃で写真右側が欠損してしまっています。このように欠損してしまうと再現ができなくなってしまいます。

今回は同型のヘッドライトから同じステーを切り出し、移植することでこのヘッドライトを活かします。

割れ、欠損しているアルファードのヘッドライトステー裏側
割れ、欠損しているアルファードのヘッドライトステー裏側

裏側にはリブがあることがわかります。

同型のアルファードから切り出したヘッドライトステー

同型のヘッドライトからの移植ということで、損傷箇所より本体側から切り出したステーを使用します。

今回のように同型のヘッドライトをオークションサイトやリサイクルパーツなどから用意できると、トータルが低コストに抑えられる場合があります。

溶接・整形して仕上げる

位置や角度を測りながら溶接位置を決めます
位置や角度を測りながら溶接位置を決めます
ECOWEL佐藤

移植はこの位置合わせが最も重要なポイントです

他のヘッドライトからステーを切り出しているため、通常の修理とは異なり距離や角度を測りながら形状を合わせて溶接することになります。
ここで適切な処理ができていないと、車両取り付け時に位置が合わない、ヘッドライトが傾くなどのトラブルが起きかねないのでより丁寧な作業が求められます。

溶接・整形後のヘッドライトステー
溶接・整形後のヘッドライトステー

距離や角度を調整しながら溶接しました。
また、リブの角度や太さ・車両と設置する面の滑らかさなど細部までこだわっています。

距離や角度を測りながら形状を合わせて溶接することになります。
表面を丁寧に仕上げて完成です

エコウェルではパーツのお持ち込みだけでなく、全国より郵送での修理依頼も受け付けております。
お気軽にご相談ください。

大切なお車のヘッドライトの修理をお任せいただきありがとうございました!

まずはお気軽にご相談ください。

その他、トヨタ車の修理事例はこちら

No.14 ヘッドライトステー 修理 トヨタ ヴェルファイア

ヘッドライトステー に3分の2ほど亀裂が入っており、このままでは取り付けることが出来ないため修理をご依頼いただきました。 まずは溶接するための溝を全周にわたりしっ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。