No.72 R31 スカイライン オーディオパネル修理

R31スカイラインのオーディオパネル全体像

R31スカイラインは販売開始から40年近く経過しており、新品部品の供給はもちろん終わっています。今回はそんな貴重なオーディオパネルをお預かりしました。

欠損部もありお車への取り付けが困難な状態でしたが、お客様がスペアパーツをお持ちでしたのでそれを元に細部を再現することができました。

破損か所の確認

一見すると、写真右上の破片の修理かな?と思うところですが

要修理箇所は赤丸で示したところ。
右上と左下・右下に欠損と、細かい割れが複数ありました。

固定用ビスが取り付く穴が欠損して形状がわからないため、お預かりした正常なパネルと比較しながら形状や位置等を確認し、制作を行いました。(下記修理②)

修理内容、修理前後の写真

修理① 右上の角

こちらは欠片がピッタリ合う状態で残っていました。

修理② 左下の欠損部(ネジ穴の再現)とひび割れ

実は、お客様にパネルをお借りしたのはここの形状を再現する必要があったためです。
お預かりした際は単純な穴あきだと思っていたのですが、形状を調べてみると取り付け穴があることがわかりました。

幸い、お客様が正常なパネルをお持ちだったため、急遽お借りしサイズや位置合わせをし製作することとなりました。

修理③ 右下の欠損部(ネジ穴の再現)

折れている部分と、ヒビ割れが入っている部分を修理し、ボルト穴付近の形状も丁寧に再現しました(写真は整形後)

完成品 全体写真(表裏)

もとのベルベックス処理の質感を極力残せるよう、丁寧に表面を整えて完成です。
塗装なしでのご依頼となりましたが、ご希望があれば塗装も可能です。
参考色のカラーナンバーをお伺いする、同色パネルを同封いただくなど、ご依頼ごとにご相談させていただきます。

車載状態のお写真とともにGooglemapへの口コミをいただきました!

ユーザー様より、車載状態のお写真とともにGooglemapへ口コミをいただきました!
ぜひご確認ください。
https://maps.app.goo.gl/VpSpkhLNxqXkhSmx6

ご依頼は車のプロじゃなくても大丈夫

丸イへご依頼いただく作業の1/3ほどは一般ユーザー様です。
また、ユーザー様のご紹介で入庫先の工場からご依頼いただくことも増えてきました。
他にも輸送中の思わぬ破損、輸送事故など運送・輸送業者様からもお問い合わせいただいております。

弊社は岐阜県岐阜市にありますが、全国から郵送にて修理を承っております。お気軽にお問い合わせください。

丸イ:佐藤

写真を添えてご相談いただければ、私が破損状況を確認してお答えします!

プラスチック・樹脂パーツの修理は丸イへご相談ください!

丸イの公式LINEまたは、お問い合わせフォームよりご相談を承っております。
いずれもお写真だけでお見積りが可能ですので、お気軽にご相談ください!

破損箇所の撮影方法については こちら のページをご確認いただけますとスムーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です