ヴァンガード モデリスタエアロ修理

【破損状況確認】ヴァンガードのモデリスタエアロ

今回お預かりしたのは2013年式、トヨタ ヴァンガードのフロントスポイラーです。
新品部品の供給はもちろんなく、オークションサイトを検索しましたが当該パーツを見つけることはできませんでした。

一見すると、左下側が割れているだけのようにも見えるが…

左下が広い範囲で割れ、取れてしまっていますが、大きなパーツが残っていたため溶接修理が可能でした。

背面からみたところです。大きなパーツの他に穴あきがあることがわかります。

線上の割れだけでなく、穴あき(欠片なし)など ”ただ溶接するだけ” とはいかない状態でした。
また、割れが曲面やプレスあとなどを跨いでいることなど修理の難易度が高いことがわかります。

モデリスタのエアロパーツの修理画像

モデリスタのエアロパーツの主な材質は樹脂(ABS/PPE)となっており、一般的に衝撃に弱い素材となっています。
これについては、モデリスタの公式ページにも記載があります。

モデリスタでは通常の板金修理では修理できないとされる樹脂が使われていることが多く、さらに市場に出回っている中古パーツの数も少ないことから多くのご相談をいただいております。

\モデリスタスポイラーの修理についてはこちらのブログでも紹介しています。/

No.2 【廃盤部品】トヨタ モデリスタの”直せない”と言われるPPEスポイラーは樹脂溶接で修理できる【画像で確認する】

モデリスタ製品が直せないと言われている理由とは? モデリスタに用いられる"PPE"は本当に直せないプラスチックなの? 無限やモデリスタに使用されているPPE(ポリフェニ…

【画像で確認】溶接修理後の様子

熱を与える範囲を極力抑えながらも、溶接部位には高温をかける必要があります。
割れた部分に沿って細く深い溶接を施します。

穴あき部位や曲面へもしなやかに対応できるのも、溶接修理の利点です。

表面を整えて塗装工程へ

塗装完了して納品です。

今回の素材は鈑金やさんで修理不可とのことでユーザー様よりご依頼いただきました。
モデリスタ製品で部品の供給がない、中古品もないとお困りの際にはぜひ一度ご相談ください。

プラスチック・樹脂パーツの修理は丸イへご相談ください!

丸イの公式LINEまたは、お問い合わせフォームよりご相談を承っております。
いずれもお写真だけでお見積りが可能ですので、お気軽にご相談ください!

破損箇所の撮影方法については こちら のページをご確認いただけますとスムーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です